• Home >
  • 建物検査

建物検査

建物検査(ホームインスペクション)は、住宅診断の専門家が、劣化状況等の住宅の瑕疵(欠陥)の有無について、客観的に検査するものです。

検査の内容は、既存住宅売買瑕疵保険の可否が判定できるもので、瑕疵が発見された場合は、どのような工事が必要になるのか検討し、改修を行っていきます。

検査に合格した物件は、検査完了日から1年以内に既存住宅売買瑕疵保険に加入することが可能です。→瑕疵保険事前検査適合物件
不合格の場合は、修繕しなければ既存住宅売買瑕疵保険に加入することはできません。

建物検査を行う検査機関は、国土交通大臣に指定された住宅瑕疵担保責任保険法人に検査機関として認定される必要があります。
瑕疵保険に加入すると、住宅税制優遇措置の適用がありますので、詳しくは建物検査機関へお問合せください。

取扱サービス会社はこちら