• Home >
  • 長期優良住宅化リフォーム推進事業

長期優良住宅化リフォーム推進事業

以下の要件を満たす既存住宅のリフォームについて、A基準は最大100万円の補助金が適用されます。
申請は、発注者又はリフォーム工事の施工業者が行い、採択後にリフォーム工事を行い、補助金を受け取る流れとなっています。
平成26年度も引き続き31億円が予算化されており、定期的に公募が行われる予定です。
 

[1] リフォーム工事前にインスペクション(建物検査)を行い、工事後に維持保全計画等を作成すること。
[2] 住宅の性能向上のためのリフォーム工事を行うこと。
[3] リフォーム工事後に少なくとも劣化対策と耐震性について一定の基準を満たすこと。


詳しくは、以下のホームページをご参照ください。
◇国土交通省(「平成25年度 長期優良住宅化リフォーム推進事業」の提案募集の開始について
長期優良住宅化リフォーム推進事業ホームページ
 

 

取扱サービス会社はこちら