• Home >
  • リフォーム改築

リフォーム改築

建物の構造や強度に影響してくる増改築や減築。
既存部分との調和も考えてリフォームを。

家族の成長や独立にともなって、増改築や減築の要望が高まってきます。では増築と改築、あるいは最近注目されている減築とはどのようなものでしょう。
増築は、家族の成長や増加にともなって居室空間の増加が必要な時や、生活の向上のために浴室や洗面所・トイレ等の拡張や追力口が必要な時に行ないます。これには必ず既存の住まいより面積の増加が発生します。
改築は、増築と同じ動機による場合が多いのですが、既存の住まいの容量の中で行われ、面積は増加しません。似たような表現で改装というのがありますが、これは部屋の変動がなく、設備の交換や内装材の変更といったもので改築より軽微なものです。
減築は、家族の独立等によって余った居住部分を除去し、必要とする居住部分をより快適にすることをいいます。
増築改築・減築ともに共通することは"どんな風にすることが一番いいのか?"を充分検討することです。

●増築リフォームのヒント
増築を考える時、大切なことは、「既存の住まいで何とかならないか?」という"生活の工夫”を考えることです。
私たちは、生活の向上のために多くの家具や電気機器を購入しています。それらをすべて有効に使っているでしょうか?住まいも同じこと、家族の増加や生活の向上は即、空間の増加と考えずに、収納等の工夫で既存の住まいの中で解決できる場合があります。
次に、例えば子供が大きくなったから子供部屋を増築する、という直線的考えではなく、両親の寝室を二分割して二人の子供部屋とし、既存の子供部屋を増築し寝室とする…という発想も必要です。


さらに、増築する前と後でどんな変化があるのかを把握しましょう。例えば既存の建物との調和や、既存の部屋への影響(日照や通風)、敷地の利用上の不便さの発生等も考慮しましょう。さらに、隣家に日影が多くなったり、覗けるような窓を設置したりして、今までの良好な隣人関係が壊れたりしないよう、事前の説明や相談が必要です。
また、増築する場合、建築確認申請が必要な場合がありますので建築士等にご相談ください。

●改築リフォームのヒント
住み慣れた部屋の間取りを変えるリフォームを行う前に、生活の何が変わったのか、または変わるのかを、家族で話し合い、その変化をどんな間取りや内装、あるいは設備や機能で対応できるかを充分検討してください。
改築することによって、生活の向上や目新しさを創出することができます。例えば「ここに窓があったら外が見られるのに」、「花を飾れる棚がほしい」など、住みながら気づいていたことをチェックし、取り入れたいものです。
さらに、改築は生活の基本(家族構成やライフスタイル)が大きく変わらない住まいのグレードアップ=お化粧です。家族の夢や希望を最大限に採り入れてください。そのためには、いろいろな設備・建材メーカーのショールーム等を見ることをお勧めします。経験豊かな専門のスタッフの意見も参考にしてください。
また、改築は新築のときより、家族の希望が繊細になります。資材や建材、設備機器の機能やデザイン、インテリアデザイン等に細かな要望がたくさん出てきます。それらの設計やコスト面をよく考慮して計画しましょう。

●減築リフォームのヒント
同居する家族が少なくなっていくことは寂しいことですが、子供の独立は喜ばしい出来事です。このような生活の変化は熟年の家族に多く見られます。
巣立った子供の部屋が物置同然になっていて、必要な居住空間は子育て時代のまま、一部に限られているということがよくあります。”住まいは着やすい普段着"であるなら、必要のない居住空間は他の用途に変更したり、除去して光や風が充分入るように…というような快適性を求めることも住まいの質を向上させるリフォームです。
減築リフォームでもう一つ考えたいのは耐震補強です。家族の成長を共にした住まいはそれなりに古く、以前の耐震基準の場合が多いのです。減築によって家がスリムになり、内側の壁が外壁にもなります。この場合、耐震補強は容易にできます。
また、取り除くことは簡単なことという認識は間違いです。それによって損なわれる美観や強度等を配慮した技術的な対応が必要ですし、構造やデザインを考慮すれば減築といえ費用も思いのほかかかるものです。



●増築・改築・減築リフォームはどこに頼む?
増築・改築・減築は、ともすれは新築以上に難しい仕事です。なぜなら家族が今の家を知っていること。何が不便かがわかっ
ていること。家族ひとDひとりの認識の仕方、解決の仕方が異なっていること。そこで家族の意見調整が難しいのです。従って依頼する相手が、設計力と施工力を兼ね備えた業者であることが必要です。設計によっては、快適な生活を望んだ住まいが、かえって生活しにくかったり、デザインの悪い家になるからです。時には設計事務所の知恵を借りることも大切です。
施工力の劣る施工者に頼むと、家の強度を失ったり、既存の家より材料や精度が貧弱で、でぎ上がった家に充分な満足が得られない場合もありますので注意してください。

●こんなことにも注意!
工事を進めるうちに、「あそこもにこも!」と工事の範囲や内容がどんどん増えていく傾向があります。「必要なことは何か?」をはっきり決め、増やせる費用の範囲を決め予算計画をしましょう。
工事は住みながらやってもらうことになります。工事の仕方によっては、生活に支障をきたす場合があります。設計の段階でそれらの障害を軽減できるような工夫を考えたり、工事の担当者と事前の相談をしておく必要があります。


 



資料:一般社団法人リフォーム推進協議会「永く快適に住むための わが家のリフォーム・クリニック」より

取扱サービス会社はこちら