• Home >
  • 太陽光発電システム

太陽光発電システム

太陽光発電システムとは、太陽電池を使い太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変えて、発電するシステムになります。
太陽光発電は光を電気に変える時、二酸化炭素を出さないためクリーンなエネルギーを作ることができます。
太陽光発電システムのメリットは、光熱費がお得なところです。太陽の光がある間は、電気を作ることができるため、昼間に使う電気代を太陽光発電でまかなえます。その上、発電量が多いときは電力会社に電気を売ることもできます。
万が一、停電が起きた時も、太陽の光があれば電化製品を利用することができます。
その他のメリットとしては、太陽光発電システムは国や地方自治体の補助金制度の対象となっているところです。
太陽光発電の余剰電力買取制度は、「低炭素社会の実現」に向けて、「国民の全員参加」により太陽光発電の普及拡大を目指すため、法律にもとづき平成21年11月1日より開始されました。
これにより、太陽光発電設備で作られた電気のうち、余剰電力(自家消費分を差し引いた余りの電気)を法令で定める条件により電力会社が買い取る制度です。



資料:一般社団法人住宅リフォーム推進協議会「性能向上リフォームガイドブック省エネ編」より

太陽光発電の余剰電力買取制度はこちら(経済産業省 資源エネルギー庁)

「住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金」や「既存住宅に係る特定の改修工事をした場合の所得税額の特別控除」、「補助金検索」についてはこちら(経済産業省 資源エネルギー庁)

住宅用太陽光発電システムへの補助金申請に関する問い合わせはこちら(J-PEC)

取扱サービス会社はこちら