• Home >
  • 住宅性能評価

住宅性能評価

日本住宅性能表示基準に従い、10項目の性能をランクや数値により表示します。
  1. ◆構造の安定
  2. ◆火災時の安全
  3. ◆劣化の軽減
  4. ◆維持管理更新への配慮
  5. ◆温熱環境
  6. ◆空気環境
  7. ◆光・視環境
  8. ◆音環境
  9. ◆高齢者等への配慮
  10. ◆防犯
新築住宅の場合は、設計から工事完了まで第三者機関の検査が入ることで、希望通りの家を安心して建てることができ、既存住宅の場合は、今現在の状況を見てもらうことで、リフォームや補修計画を適切に行う目安となります。
住宅性能評価書には、「設計住宅性能評価書」と「建設住宅性能評価書」の2つがあります。
設計住宅性能評価書」は、設計段階で設計図書などによって評価されます。設計住宅性能評価書の作成には、配置図や仕様書などの必要書類を提出し、その書類を基に一定基準を満たしているか評価され作成されます。
建設住宅性能評価書」は、施工・完成段階で設計図書などに沿った住宅になっているか評価するものです。設計受託性能評価書で示された内容の通り建設されているかどうか、現場検査を4回行い評価していきます。建設住宅性能評価書は、設計住宅性能評価書がなければ取得することができません。

設計住宅性能評価書について
建設住宅性能評価書について

詳しくは以下のホームページをご参照ください。
◇国土交通省<住宅性能表示制度の概要