• Home >
  • BELS/建築物省エネルギー性能表示

BELS/建築物省エネルギー性能表示

BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)とは、住宅・建築物の省エネルギー性能を評価・表示する第三者認証制度です。
建築物省エネ法(正式名:建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律)第7条により、2016年4月から、不動産事業者は、新築・既存を問わず販売または賃貸を行う住宅・建築物には、省エネ性能を表示するように努めることが求められるようになりました。

BELSでは同じ計算法に則って一次エネルギー消費量を算定します。省エネ性能というモノサシで建物の「燃費」を横並びに比較できるというメリットがあります。



BEI = 設計一次エネルギー消費量(家電・OA機器等を除く)/基準一次エネルギー消費量(家電・OA機器等を除く)

BEIの数値により☆の数の評価が得られます。BEIが1.0以下であれば省エネ基準に適合していることになり、数値が小さいほど省エネ性能が高いことを示します。


詳しくは以下のホームページをご参照ください。
◇一般社団法人住宅性能評価・表示協会<建築物省エネルギー性能表示制度について