• Home >
  • 大規模修繕瑕疵保険

大規模修繕瑕疵保険

マンションなどの共同住宅は、共用部分に何か不具合が起こった場合、1戸だけでなく複数の住戸に問題が起きることがあります。
万が一、共用部分に瑕疵が見つかった場合は、管理組合が責任を持って修繕工事を頼むことになります。
そこで、管理組合が安心して工事を任せることができるように作られたのが、大規模修繕瑕疵保険になります。
この保険は、管理組合が国に指定された保険法人(保証会社)に登録している住宅事業者に保険加入の依頼をします。事業者が保険に加入すると、 修繕工事をした部分についてきちんと工事がされているかどうか検査員によって検査が行われます。
保険の対象となるのは、修繕工事をした部分のうち、構造部分・防水部分・給排水管路・給排水設備・電気設備・手すり等で、 保険期間は5年間(手すり等は2年間)になります。
工事が完了したあとも、瑕疵が見つかってしまった場合は、補修費用を保険でサポートするため、管理組合が負担することはありません。
また、万が一、事業者が倒産してしまっても、補修費用等は管理組合から直接保証会社に請求することができる保険になます。

保険期間や保険内容、保険料につきましては、保証会社によって異なりますので、住宅購入の窓口となる宅建業者または本ページ下の取扱サービス会社へご相談ください。

取扱サービス会社はこちら