• Home >
  • 新築住宅瑕疵保険

新築住宅瑕疵保険

新築住宅瑕疵保険は、壁や基礎などの地震が起きた時に備えた「構造耐力上主要な部分」や屋根や外壁などの雨漏りを起こさないための「雨水の浸入を防止する部分」に重大な欠陥があった時に使用できる保険です。
住宅事業者は、新築住宅に不具合があった場合、その不具合の補修費用を負担する義務(住宅品質確保法)がありますが、 もし事業者が倒産したら、補修費用を負担するのは住宅購入者になってしまいます。
そこで、新築住宅に重大な欠陥(瑕疵)があった場合、確実に補修が行われるように、住宅事業者が保険か供託によって、補修費用を確保(資力確保)することが義務付けられました。
新築住宅瑕疵保険は、瑕疵がないよう検査員が建築中に現場をチェックし、もし瑕疵が見つかった場合には、保険金で補修します。
また、住宅事業者が倒産したあとに瑕疵が見つかった時も、保険期間内(住宅の引っ越しから10年)であれば、住宅購入者が補修費用を 直接保証会社や法務省等に請求することもできます。
万が一、トラブルが起きた際も、紛争処理制度が利用でき、申請手数料1万円で紛争処理を行ってもらうことができます。
そのほかにも、新築住宅瑕疵保険の対象となっている住宅を売る場合は、転売特約をつけることで、残りの保険期間を引き継ぐことができます。しかし、新築住宅瑕疵保険を適用している全ての物件が、保険をそのまま引き継ぐとは限らないため、詳細については不動産会社に確認して下さい。
保険期間や保険内容、保険料については、保証会社によって異なりますので、住宅購入の窓口となる宅建業者または本ページ下の取扱サービス会社へご相談ください。

保険の仕組みと保険加入までの流れ

            

保険新築住宅瑕疵保険につきましては、窓口となる宅建業者または本ページ下の取扱サービス会社へご相談ください。

取扱サービス会社はこちら